*

旬のキーワードで、多くの方に見られるブログに

公開日: : アクセスアップ

「livedoor 検索」のブログ検索データを元にした、
2005年の旬のキーワードが発表になっています。


発表ページはコチラ≫

時事ネタや流行の言葉を含めたキーワードを使って、
ブログの記事を書くことで、
アクセスアップすることができます。

例えば、ですが。

あるある大辞典Ⅱとかで、ある成分が発表されたとたん、
検索回数が増えるキーワードが増えた……

とか、そういう事例はよく聞きます。

井の中のカワズ君、なんていうテレビ番組もやっていますし。
※検索サイトのキーワードランキングを発表しているテレビ番組です。
あ、サイト見つけました。コチラ≫

ただ。
多くの方が一時的に興味があるキーワードを使って、
アクセスアップ
を図った場合。

キーワードに引き寄せられた方が、
とおりすがるだけ……
ということになってしまうことも多いです。

つまり、
ご新規さんを連れてくることができても、
キーワードにしか興味がないために、
リピータになってくれないということになりかねないんですね。

この方法でずっとアクセスを集め続けるというのは、
とても、大変なことです。

一時的にやってきた方を、いかに自分のブログに定着させるか…
それが、アナタのブログの実力だと思います。

関連記事

no image

SEO(検索エンジン最適化)対策 その3…キーワードの重みづけ

キーワードにはHTMLタグを使って重要度を設定しておきます。 例えばですが、<h1>タ

記事を読む

no image

更新ping送信先を設定しよう

リニューアル後、何がビックリ!って、 「更新ping送信先の数」が10個に制限されてしまったことでし

記事を読む

no image

SEO(検索エンジン最適化)対策 その2…検索エンジンに優しく

検索エンジンにとってわかりやすいページ構造にすることが大事です。 そのために、以下を工夫します。

記事を読む

no image

ブログでのSEO

ブログのテンプレートは、 ビミョウにSEO対策されていることが多いので、 あとは、キーワードを適切に

記事を読む

no image

アクセスを集めるのは簡単?

記事を読む

no image

ブログをアクセスアップさせる裏技

私自身は「やりません」が、アクセスアップに効果があるのでご紹介しておきます。 1、芸能・アダルトネ

記事を読む

no image

SEO(検索エンジン最適化)対策 その1…SEOとは

ブランドを用いて、メルマガによってブログにアクセスを集めることもアクセスアップ対策となります。 で

記事を読む

no image

livedoor未来検索の検索結果に表示される方法

ライブドアブログで、普通に記事投稿していれば、 livedoor検索で表示されるようになるのですが…

記事を読む

no image

最新!Yahooの検索結果に表示される方法

たとえば、Googleにブログやサイトをインデックスしてもらうのに Googleサイトマップというの

記事を読む

no image

検索結果にindex.rdfやatom.xmlが出てきて困るときは?

自分のブログがキャッシュされている状況を調べようとして 見てみたら、RSSが上位に出てきていて、 肝

記事を読む

Comment

  1. あけましておめでとうございます!
    旬のキーワードを使って記事を書くと瞬間凄いアクセスに遭遇する(笑)ときってありますよね。
    何だかあっという間に台風が通り過ぎるみたいな・・・
    そういう人にリピーターになってもらうのが腕の見せどころなのかなあと思います。

  2. >コータローさんへ
    まさしく、その通り!
    偶然にも来てもらった方に、いかに定着してもらうか…
    これは、ブログのアクセスアップに欠かせない部分ですね☆

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

【モテるブログ】総合メニューモテるブログ ■ライブドアブログカスタ

no image
他人が書いた不都合な記事を検索結果から削除する方法

琉海も過去に何度か「記事内容を削除してください」という依頼を受けて削除

no image
ブログをアクセスアップさせる裏技

私自身は「やりません」が、アクセスアップに効果があるのでご紹介しておき

no image
有料ライブドアブログからMTへお引越しする方法

このブログもそうなのですが、 独自ドメイン&有料ライブドアブログPRO

no image
アクセスを集めるのは簡単?

→もっと見る

PAGE TOP ↑