*

ブログ投稿時の心得

公開日: : 基本的な使い方

基本的に、1記事には、ひとつの話題を書きます。

つまり、複数の話題が書きたい場合は、
複数の記事を書きましょう♪ということです。


「同日で、複数の記事って、書けるの?」
――書けます。

多くのブログサービスでは、
同日でいくつもの記事を書くことができるので、
だいじょぶ♪です

ちなみに、楽天広場は、
日記サイトからブログサービスへと移行中→
なので、2005/6/30現在は1日に3記事マデです。

とはいえ、2・3行の記事を細切れにつくるのも、
どうかと思うんですけどね(笑)

「複数の話題が書きたい場合は、複数の記事を書く!」
そう決まっているわけではありませんが、
ガイドラインとして、
覚えておいてくださいネ。

さてさて、
1記事・1話題をなぜ推奨するかというと…

いろんな理由があって、
まとめにくいんですが、
ちょこっと、お付き合いくださいネ。

まず、1記事1話題を気にして記事を投稿すると、
記事の内容が充実します。

すでにブログを書いていて、
なかなか、自分の文章が読んでもらえないなぁと思っている方は、
一度、自分の書いた文章を見てみてくださいネ。

話題が散漫で、コメントしづらくなってませんか?

すでに、書いてしまいましたが、
ふたつめは、コメントがもらいやすくなる、ということ。

すると、
記事を書くのが楽しくて、楽しくて
仕方がなくなります♪

記事に話題が多すぎると、
せっかく(コメントしようかな?)と思っても、
(他の話題にも触れないと、ダメなのかな?)とか考えると、
気軽にコメントも残せないのが
人の情でございます(笑)

ですので、コメントしやすいように、
1つの記事にはひとつの話題だけ。

同時に、話題がひとつだと
トラックバックされやすくなります。
また逆に、
「同じこと書いてる!?」って、自分もトラックバックしやすくなります。
このブログ内で移動 トラックバックとは?≫

お。これでよっつ♪

あとは、
記事に話題がひとつだった場合、
コメント・トラックバックが集まりやすいというお話をしました。

すると。
その記事は情報源としてとても有益なページになり得るんですね。
これって、本当にすごいことですよ。

多くの情報、たくさんのコメントが集まってくる。
そういう中継点になれるのが、【ブログの1記事】なんです。

ね、すごいでしょ?
そういう可能性も、秘めているんです。
……なかなか、そうならないのが、
世の常ですがっ(笑)

だから、
ブログの記事を投稿するときは、
1記事につき1つの話題。

記事を投稿する際には、
ぜひとも!「1記事・1話題」を心がけてくださいネ♪

関連記事

no image

投稿してみよう!…後編

 まだ前編を読んでいない方は、コチラから タイトルなどを入力し終わったら、本文を入力しま

記事を読む

no image

すでに投稿してある記事を編集して、画像を追加したいとき

まずは、既に投稿してある記事の編集画面を開きます。  画面の開き方は、ココの記事を参照のこ

記事を読む

no image

ファイルのアップロード

ブログの管理画面から、いろんなファイルがアップロード(配置)できるようになりました。 gif、jpg

記事を読む

no image

投稿済みの記事を、編集したいとき

上部メニューの ブログの投稿リンクをクリックします。 続いて、左のメニュー 投稿

記事を読む

no image

トラックバックするには

気になる【トラックバック】、トラックバック・トラックバック。  トラックバックとは?≫

記事を読む

no image

投稿してみよう!…前編

さてさて☆ 記事を投稿してみましょう! 上部メニューの ブログの投稿リンクをクリックし

記事を読む

no image

ブログの説明を折り返す

ブログの設定/管理の画面にある「ブログの説明」の欄。 普通のブログであれば、ブログタイトルの下に表

記事を読む

no image

ブログの管理画面でできることからやろう!

カスタマイズに取り掛かる前に! まずは、素人でもよゆ~でできるカスタマイズからしていきます!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

【モテるブログ】総合メニューモテるブログ ■ライブドアブログカスタ

no image
他人が書いた不都合な記事を検索結果から削除する方法

琉海も過去に何度か「記事内容を削除してください」という依頼を受けて削除

no image
ブログをアクセスアップさせる裏技

私自身は「やりません」が、アクセスアップに効果があるのでご紹介しておき

no image
有料ライブドアブログからMTへお引越しする方法

このブログもそうなのですが、 独自ドメイン&有料ライブドアブログPRO

no image
アクセスを集めるのは簡単?

→もっと見る

PAGE TOP ↑