*

ブログ記事に画像を使いたいとき…複数の画像を使う場合

公開日: : 記事投稿

記事の投稿の前に、このブログ内で移動 画像のアップロード/管理画面で、
先に画像をアップロードしておきます。

このブログ内で移動 画像のアップロードの方法はコチラ≫


このブログ内で移動 ブログを投稿画面を開きます。
本文を書き終わって…

その後、本文入力欄の上にある「アップした画像から選択」リンクをクリックします。
すると、小さなウィンドウが開きます。
複数画像を投稿(1)←こんなカンジ。

画像のアップロード画面と、あんまり変わらないですね。

さてさて、
この画面で画像タイトルをクリックすると、
どんな画像だったかを確認できます。

この中から、使う画像を見つけたら、
【操作】欄の下にある青色のボタン【投稿する】をクリックします。

すると、元のブログの投稿画面の本文を入力する欄に、
画像のURLが追加されています。

こんなカンジ↓
複数画像を投稿(2)
そのまま繰り返していると、どんどん、どんどん!画像へのリンク画像が追加されていきます。

◆サムネイル画像を作成した画像の場合は、
<a href=”http://images….jpg”><img src=”http://images…-s.jpg” /></a>というリンク文字列。

◆サムネイル画像を作成していない画像の場合は、
<img src=”http://images…-s.jpg” />というリンク文字列です。

画像を選び終わったら、
小さなウィンドウの下にある「ウィンドウを閉じる」リンクをクリックして
閉じましょう。

ところが、クリックすると、画像のリンクがどんどん!後ろに
追加されていきます。

タグの切れ目が分かりにくくなりますので、
ひとつ追加したら、画像をいれたいところに、リンクを移動して、
それからもう一度、
画像を追加するようにしてくださいネ☆

関連記事

no image

本文を書くとき…文字の色を変える

文字の色を変えたいとき。 例えばこんなカンジにしたいときのトピックスです。 CSS(デザイン)

記事を読む

no image

投稿してみよう!…前編

さてさて☆ 記事を投稿してみましょう! 上部メニューの ブログの投稿リンクをクリックし

記事を読む

no image

本文を書くとき…どこかの文章を引用したとき

誰かのブログの記事を引用したり、新聞記事の一部を引用して紹介したいとき。 紹介していることがよく分

記事を読む

no image

すでに投稿してある記事を編集して、画像を追加したいとき

まずは、既に投稿してある記事の編集画面を開きます。  画面の開き方は、ココの記事を参照のこ

記事を読む

no image

ブログ記事に画像を使いたいとき…ひとつの画像しか使わない場合

 ブログの投稿画面で、 記事を投稿するときに一緒に画像をアップロードします。 ※編集時に

記事を読む

no image

本文を書くとき…文字の色とサイズを変える

文字の色と大きさを一緒に変えたいとき。 例えばこんなカンジにしたいときのトピックスです。 もち

記事を読む

no image

投稿してみよう!…後編

 まだ前編を読んでいない方は、コチラから タイトルなどを入力し終わったら、本文を入力しま

記事を読む

no image

共通テーマを探すのが楽に

個人的なことですが、 以前からこのブログでも取り上げているように 琉海は、共通テーマとかタグとかを設

記事を読む

no image

リンクをクリックすると、メールソフトが起動する方法

例えば、 メールはコチラからどうぞ とか、 ryum

記事を読む

no image

本文を書くとき…画像を使うとき

今までのlivedoorBlog使いこなしで、画像に関する部分をまとめてみまシタ☆  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除

おすすめ記事

【モテるブログ】総合メニューモテるブログ ■ライブドアブログカスタ

no image
他人が書いた不都合な記事を検索結果から削除する方法

琉海も過去に何度か「記事内容を削除してください」という依頼を受けて削除

no image
ブログをアクセスアップさせる裏技

私自身は「やりません」が、アクセスアップに効果があるのでご紹介しておき

no image
有料ライブドアブログからMTへお引越しする方法

このブログもそうなのですが、 独自ドメイン&有料ライブドアブログPRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑